ひろしま見どころ&おいしいもの案内

見て楽しい、食べておいしい、広島の観光名所・名物をご紹介!

原爆ドームの画像

原爆ドーム

被爆当時の姿を残し、今に伝える歴史の証人

広島市中⼼街の近く、相生橋のそばに独特の存在感を放つ原爆ドーム。世界平和の⼤切さを現代に伝えるヒロシマの象徴です。穏やかな川の流れや現代的なビルを背景にしつつ、原爆ドームだけは時が⽌まったように痛々しい原爆投下後の姿を残しています。

1945年8⽉6⽇午前8時15分、原⼦爆弾が投下されたその時、広島の⾵景は一変します。熱線と爆⾵であたり⼀⾯は焼け野原となり、多くの市民が原子爆弾の犠牲になりました。 爆心地近くにあった広島県産業奨励館は奇跡的に倒壊を免れましたが、屋根は崩れ落ち、ドーム型の骨格と壁の一部を残すのみとなりました。その被爆建物は戦後、「原爆ドーム」と呼ばれるようになり、市民による原爆ドーム保存活動を経て、1996年12月、核兵器の惨禍を今に伝える建築物としてユネスコ世界文化遺産に登録されました。その姿は、世界中から広島を訪れる人々に核兵器の廃絶と世界平和を訴えかけています。

平和記念公園の画像

平和記念公園

世界の恒久平和を願って作られた、広島市中心部にある緑豊かな公園

元安川と本川に挟まれたエリアと、原爆ドーム周辺の敷地からなる平和記念公園。広島の中⼼部に位置し、広⼤な園内は緑豊かな⾃然の中に原子爆弾に関連する像や⽯碑、資料館が配置されています。 平和記念資料館には被曝資料や遺品、絵などが展⽰されており、原子爆弾投下当時の様⼦や投下後の惨状を知ることができます。これらの資料は広島を訪れる人々に核兵器の恐怖や⾮⼈道性を伝える貴重な情報となっています。

平和記念資料館と原爆ドームをつなぐ直線、園内中央部に原爆死没者慰霊碑(広島平和年記念碑)が設置されています。碑には「安らかに眠って下さい 過ちは繰返しませぬから」という⽂⾔が刻まれています。平和への誓いと祈りが込められた言葉です。 毎年8月6日、平和記念式典では追悼の意を込めて、原子爆弾とそれに伴う被害によって死亡した方の名簿が慰霊碑に奉納されています。

縮景園の画像

縮景園

都会の喧騒を忘れる⼤名庭園 四季折々の美しさを楽しみたい

縮景園は広島市内中心部に位置する美しい日本庭園です。緑豊かなその庭園に足を踏み入れれば、都会の喧騒を忘れます。毎年、国内外からの観光客だけでなく、季節ごとの行事などで多くの広島市民も縮景園を訪れます。 縮景園は江⼾時代初頭の1620年(元和6年)、広島浅野藩初代藩主・浅野長晟(ながあきら)の別宅の庭園として築成されました。作庭者は茶人としても知られる家老の上田宗箇(そうこ)。 日本庭園の美しさは自然を一つの庭の景色として再現した箱庭的美にあります。「縮景園」の名は、儒学者・林 羅⼭(らざん)が作った詩「海⼭をその地に縮め⾵景をこの楼に聚(いわ)む」から名付けられたとされ、園内では小さな⼭、池、橋、島、建物が織りなす日本の伝統美とされる風景が見らえます。

縮景園はこれまで幾度かの焼失や壊滅的な状態に直⾯しながら、その都度復旧され、2020年には築庭400年を迎えました。 縮景園には四季折々に異なる花が咲き、葉は色を変え、訪れる度に違う庭の表情が楽しめます。すぐ隣には広島県立美術館があり、館内のレストランからはその美しい庭を眺めながら食事を楽しむことができます。

おりづるタワーの画像

おりづるタワー

360度ビューで、広島の「いま」と「むかし」を感じられる場所

おりづるタワーは、原爆ドームのすぐ隣に位置する建物。広島を⾒渡せる屋上展望台や、カフェ、物産館などがあり、広島を満喫できる新たな観光スポットとなっています。 展望スペースは周囲がメッシュで覆われたウッドデッキになっていて、⾵を感じられる仕掛けがされています。隣接する原爆ドームや平和記念公園を見ながら在りし日の広島を偲んだり、ビルの立ち並ぶ今の広島の街を一望したりできる場所。よく晴れた日なら宮島の弥⼭まで見渡せるという360度ビューの展望台は一見の価値ありです。

展望台までのらせん状のスロープ「散歩坂」、来訪者が折った折り鶴を投⼊して出来上がっていく「おりづるの壁」、デジタルコンテンツを楽しめる「おりづる広場」などユニークな体験スペースもあります。 1 階には広島の⾷材を活かした料理を楽しめるカフェ、広島を代表する商品や話題の商品など取り揃えている物産館もあり、ふらりと⽴ち寄ってひと休みするにも最適なスポットとなっています。

元宇品の画像

元宇品

市内中心部から市電で約30分 手つかずの原生林と瀬戸内海が見られる場所

元宇品公園は広島電鉄・広島港行き(1番線・5番線)の終点の近くにあります。かつての島だったこの場所は堆積した砂州によって陸続きとなり、現在は徒歩や車で渡れる広島の景勝地の一つとなっています。公園のほとんどは瀬戸内海国立公園特別地域に指定されており、クスノキやシダなどの植物が茂る原生林となっています。昼間でも鬱蒼と薄暗く茂る林は、湿った森の空気、木、土の香りが感じられます。

浜辺は家族連れが訪れて水遊びや散策を楽しんだり、釣りや海の生き物探しを楽しんだりする姿が見られます。一年を通じて多くの人が訪れるレジャースポットにもなっています。 晴れた日、目の前に広がる瀬戸内海の風景は絶景。木陰で潮の香りを楽しめば、心休まるひと時が過ごせます。元宇品は広島市内中心部(紙屋町)から元宇品口(終点)まで市電で30分あまりと好立地。元宇品の海岸沿いを散策するのも楽しい休日の過ごし方です。

厳島神社の鳥居の画像

厳島(宮島)

島全体が見どころ 歴史ある社寺と手つかずの自然を堪能

別名「宮島」とも呼ばれる厳島は、廿日市市の対岸に浮かぶ小さな島です。古来より島は人々の崇拝の対象とされてきました。島内にある嚴島神社は1996年、ユネスコ世界文化遺産として神社社殿と前面の海、背後の弥山原始林(天然記念物)を含む森林区域が登録されました。

満潮時には海に浮かんでいるように見える嚴島神社は、宮島観光の中心的存在です。平安時代末期、安芸守であった平清盛によって社殿が造営されました。この当時より現在と同規模の社殿が整えられていたとされますが、二度の火災によって建物が消失したため、現在の社殿はその後(1240年代以降)に造営されたものです。 厳島神社の沖、朱塗りの大鳥居は厳島に向かう船上からも見ることができます。水上に浮かぶように見える鳥居は干潮時、潮が引けば間近で見ることができるので沖まで歩いてみましょう。近くで見ればその大きさに圧倒されます。

弥山も宮島観光では外せません。霊験あらたかな山とされる弥山・大聖院の霊火堂には、唐からの帰りに立ち寄った弘法大師(空海)が護摩火を焚いて修業したときの火が「消えずの火」として1200年経った今でも燃え続けています。この火は広島市・平和記念公園内の「平和の火」の種火にもなっています。

西條酒蔵通りの画像

西条酒蔵通り

風情豊かな白壁と赤レンガの煙突が並ぶ、日本三大酒処の一つ

広島駅から山陽本線に乗り、電車に揺られること約40分。東広島市・西条駅近くに「酒蔵通り」と呼ばれる一角があります。現在、伝統的な白壁の酒蔵が見られる観光地として、また日本酒ファンが酒蔵を巡って楽しむ町としても有名です。東広島市の中心エリアにある酒蔵通りには現在七つの酒蔵があり、近隣には日本酒を使った料理やスイーツが楽しめる店も並びます。

冷え込みが早く訪れる西条では、晩秋から日本酒の仕込みが始まります。酒米を蒸すかぐわしい香りが町を包み、新酒を待ち望む日本酒ファンの期待が高まる季節です。 日本酒は蒸した米(デンプン)を麹が糖化、酵母によって発酵してできる酒。酒づくりに適した米、良い水、良い気候が揃う土地として西条は明治以降、酒づくりを盛んに行ってきました。今では兵庫県・灘、京都府・伏見にならぶ三大酒処の一つとして、銘酒を全国に送り出しています。

尾道の街の画像

尾道まち歩き

細い路地や古い石畳の坂 尾道散策はタイムスリップ気分を味わって

海と山に囲まれた尾道。瀬戸内海の中央に位置する尾道は、対岸の向島との間に流れる尾道水道を行き交う商船の港として古くより栄えてきました。春は千光寺山の桜、夏は尾道水道から打ち上げられる花火、秋は山々の紅葉が美しく、一年を通じて瀬戸内の美味とまち歩きを楽しむ観光客が訪れます。映画の撮影地としても利用された石畳や坂道、社寺が織り成す尾道独特の景観は、カメラを携えてまちを訪れる旅人を惹きつけて止みません。

尾道ラーメンでお腹を満たしたら、まち歩きを楽しみましょう。尾道は坂が多いため、のんびり徒歩での散策がお勧めです。細い路地で古い家屋を利用した小さな店を発見したり、くつろぐネコの姿に癒されたり、時を忘れて旅を楽しめそう。スイーツ店やカフェも多く、旅の休憩場所にも困りません。 ロープウェイで千光寺公園展望台に登り、瀬戸内の島々を眺めるのもまた良し。箱庭のような尾道の町並みが一望できます。

しまなみ海道の画像

しまなみ海道

瀬戸内の多島美を楽しみながら、自転車で海風を感じる爽快感

本州と四国の間にある瀬戸内海の島々を結ぶしまなみ海道。自転車で海を渡れるサイクリングロードとして国内外のサイクリストから注目されています。 自転車で海を渡るには、まず尾道市から向島まで渡船で渡り、そこから6つの島、6つの橋を通過して四国の愛媛県今治市に向かいます。それぞれの島にはお勧めのサイクリングコースが設定されており、初心者から上級者まで、幅広い年齢のサイクリストが訪れる「サイクリストの聖地」と呼ばれています。推奨されるサイクリングロードにはブルーのラインが引かれ、迷子にならない工夫がされているので安心してサイクリングを楽しめます。

しまなみ海道の魅力は何と言っても、瀬戸内海に浮かぶ島々の美しさです。晴れた日には青い空の下、数多くの島が折り重なるように眼前に広がる風景が楽しめます。これらの島々の間を縫うように橋が架かる雄大なを満喫するには自転車での観光が最適。レンタルサイクルや休憩スポットも充実しているので、ゆったりと海の上のサイクリングが楽しめます。

お好み焼きの画像

お好み焼き

五感で美味しい! 広島のお好み焼き

広島のお好み焼きは⽬、⼝、⽿、⿐、五感すべてが総動員される広島人のソウルフード。⼀枚の鉄板で手際よく、たくさんお好み焼きを次々と焼く店員さんの⼿さばきを見ながら、ジュウジュウと焼ける⾳、ソースのいい匂いを感じ、お好み焼きができる過程を楽しむも広島らしさの一つ。

お好み焼きは上級者ならヘラでそのまま切って⼝に運びますが、食べやすく店員さんに切ってもらうこともできます。熱々の鉄板で焼き上げられた出来立てのお好み焼きをハフハフしながら⽣地、麺、キャベツ、お⾁の層をそのまま頬張れば、混然一体となった絶妙なハーモニーが口の中に広がります。キャベツの甘味、麺の食べ応え、⾁の旨味、クセになるソースの味。広島に来たなら味わうべき名物料理です。 店によってキャベツの蒸らし具合、ソースの配合など様々な⼯夫がされています。 数ある店の中から自分好みのお好み焼きを見つけて足繁く通うのが広島人の特徴です。いくつかのお店を巡って違いを楽しめばあなたも広島通になれるかも。

広島風つけ麺の画像

広島⾵つけ麺

⾚い、⾟い、旨い、広島⾵つけ麺

出された広島⾵つけ麺を見てまず⽬に入るのが、いかにも辛そうな真っ⾚なつけダレ。そのタレにキリッと冷えた細めの麺をつけて⾷べるのが広島⾵です。麺の上にはキャベツやネギ、チャーシュー、ゆで卵などが添えられています。

しっかりした食感の麺を旨辛いタレに漬けて、麺と辛みのあるタレを同時に味わってみてください。赤いタレは⾟いだけではありません。タレには店ごとの工夫が凝らされており、酸味や旨味など辛い中にも深い味わいが感じられます。そして、タレの辛さを和らげる名脇役がキャベツやネギなどの野菜トッピング。タレの絡んだ辛い麺とは対照的に、野菜の柔らかい甘さが口いっぱいに広がります。

麺、キャベツ、また麺。交互に食べればいつまででも食べ続けられそうな旨辛さ。暑い夏につるり。寒い冬には⾟いタレでホットに。一年を通じて満⾜できる人気の広島料理です。

もみじ饅頭の画像

もみじ饅頭

バリエーション豊かな広島土産の定番菓子

広島県のシンボルともされるモミジの木。もみじ饅頭は廿日市市・宮島にある紅葉谷(もみじだに)がその名の由来とも言われ、広島土産として多くの人に愛されています。

甘く炊き上げた小豆餡がふんわりとしたカステラ生地で包まれたもみじ饅頭。焼き立てのもみじ饅頭がその場で味わえる店や、衣をつけて揚げた「揚げもみじ」など、手軽なおやつとしても人気のお菓子です。

最近では好みの多様化とともに餡のバリエーションが広がり、小豆以外にも抹茶、チョコレート、チーズクリームなど和風、洋風、さまざまなもみじ饅頭が揃っています。 定番のこし餡は舌触りも滑らかで上品な甘さ。柔らかいカステラ生地によく馴染みます。つぶ餡は小豆の食感がしっかりした食べ応えを演出。餡の違いが味わいの違いになっています。滑らかなチョコレートや、さわやかなチーズクリームがカステラ生地にマッチした洋風のもみじ饅頭もあり、小豆餡が苦手という子どもや外国人にも幅広く人気の商品となっています。